食事について

下腹・ウエストダイエットにおすすめの食事

下腹・ウエストダイエットにおすすめの食事

ダイエットのなかでも、下腹やウエストが気になっている女性は多いですね。
生活習慣病予防のためにも、下腹やウエストをすっきりさせてスリムな体を作りましょう。
ここでは、おすすめの食事についてお話します。

便秘を改善

下腹やウエストサイズが気になる方は、便秘になっている可能性が高いです。
便秘になると老廃物が腸に残り、脂肪が溜まりやすくなります。
便秘を改善してくれる食品は、食物繊維がたっぷり含まれています。

有名な食品は、さつまいも、バナナ、きのこ、海藻、納豆、おから、えだまめです。
最近注目されているのがもち麦で、食物繊維が白米の20倍含まれていてベータグルカンがはいっています。

ベータグルカンは、腸の環境をよくして善玉菌を増やしてくれる働きがあるので便秘に効果があります。

一緒にとってほしいのが、発酵食品で乳酸菌が多く含まれていて、腸の動きを活性化してくれます。

みそや納豆、ヨーグルトなどに含まれています。

食事のとり方ですが、和食を中心にいろいろなものを少しずつ食べることによって、栄養のバランスもよくなります。

ごはんとお味噌汁に、魚の塩焼き、ほうれんそうのお浸し、ひじきの煮物や切り干し大根というイメージです。

定食屋さんにあるメニューで、野菜の量を増やします。
野菜を増やすときは、塩分や糖分を調味料で摂りすぎない工夫も必要です、
減塩タイプの調味料や、しょうゆに酢を混ぜてつかってみましょう。

本気で痩せるなら食べないことが一番効果あり?

本気で痩せるなら食べないことが一番効果あり?

私のダイエット方法はなるべく食べないことです。

そんなの無理だろって思っている人はまず一ヶ月やってみてください。そこを越えたら意外となんとかなります。

ですが、一日中なにも食べるな!とは言いません。
寧ろも朝でしたら何を食べても構いません。
私も朝食はご飯二合と焼き肉を食べてました。

昼飯は気分です。食べようと思っていたら食べるし、今日は我慢してみようかな?と思ったら食べません。そして、夕御飯晩御飯この辺りから食事を抑えます。

正直、ちょっとだけ何かつまむよりは何も食べない方が楽です。ですが、ダイエット初日から晩飯を何も食べないとなってくると、その週のうちにやけ食いの可能性が出てきます。なのでおかずはそのままで最初はお米等の炭水化物を食べないことから慣れていきましょう。

慣れてきたらもっと夕方から食べる量を減らしましょう。
そしてその後、体重計に乗るとなんと!

はい、一日それやっただけじゃ変わりません。とりあえず、一ヶ月やってみましょう。

私は一ヶ月で五キロ痩せました。こうなってくるとやる気が出ます。

もっと、痩せれる!と思って運動も始め利用になりました。お勧めは水泳です。水のなかを歩くだけでもいいカロリー消費です。そして、一番怪我をしにくにのも良い点です。なので、ダイエットは最初の一ヶ月を目標にやってみてはいかがでしょうか?一ヶ月耐えると色々なダイエットを試してみたいと向上心高めることができます。