ダイエット方法

ウエストダイエット 継続は力なり

ウエストダイエット 継続は力なり

ダイエットというと、やはり筋力トレーニングや運動、食事制限などが頭に浮かぶかと思います。

ですが、実はウエストダイエットは激しい運動だけではなく、エクササイズなどやヨガなど軽めの運動で痩せることも可能です。

もちろん、食事制限や運動、腹筋自体を鍛える必要はあります。
筋肉がないと、ウエスト周りがたるんでしまうため太って見えてしまいます。
更に、ウエスト周りは内臓脂肪が溜まりやすく、内臓脂肪は燃焼しにくくなっています。
筋力トレーニングをして、基礎代謝量をアップすることにより、脂肪を燃焼する力を高める必要があります。

腹筋などの激しい運動だけではなく、エクササイズやウォーキングなど、軽めの運動も効果的です。

無理に激しい運動をしても、怪我をしてしまったり、続かなかったりなどしたら意味がありません。

継続していくことにより効果は現れてきます。
筋力トレーニングも運動も、無理なくできる自分に合ったものを続けていくようにすればウエストダイエットが成功するということです。

シャドーボクシングや体をひねる運動などは、ウエストに効果です。
直ぐに痩せることは難しいです。

長い目で見て、運動や筋力トレーニング、エクササイズを続けていけばウエスト周りの脂肪も落ちていきます。
継続は力なりです。

本気で痩せるなら食べないことが一番効果あり?

本気で痩せるなら食べないことが一番効果あり?

私のダイエット方法はなるべく食べないことです。

そんなの無理だろって思っている人はまず一ヶ月やってみてください。そこを越えたら意外となんとかなります。

ですが、一日中なにも食べるな!とは言いません。
寧ろも朝でしたら何を食べても構いません。
私も朝食はご飯二合と焼き肉を食べてました。

昼飯は気分です。食べようと思っていたら食べるし、今日は我慢してみようかな?と思ったら食べません。そして、夕御飯晩御飯この辺りから食事を抑えます。

正直、ちょっとだけ何かつまむよりは何も食べない方が楽です。ですが、ダイエット初日から晩飯を何も食べないとなってくると、その週のうちにやけ食いの可能性が出てきます。なのでおかずはそのままで最初はお米等の炭水化物を食べないことから慣れていきましょう。

慣れてきたらもっと夕方から食べる量を減らしましょう。
そしてその後、体重計に乗るとなんと!

はい、一日それやっただけじゃ変わりません。とりあえず、一ヶ月やってみましょう。

私は一ヶ月で五キロ痩せました。こうなってくるとやる気が出ます。

もっと、痩せれる!と思って運動も始め利用になりました。お勧めは水泳です。水のなかを歩くだけでもいいカロリー消費です。そして、一番怪我をしにくにのも良い点です。なので、ダイエットは最初の一ヶ月を目標にやってみてはいかがでしょうか?一ヶ月耐えると色々なダイエットを試してみたいと向上心高めることができます。

辛いものを食べて下腹・ウエストのダイエット

辛いものを食べて下腹・ウエストのダイエット

ダイエットをしようと思っている方が特に悩むのが『下腹・ウエスト』のたるみをとることですよね。年を重ねると新陳代謝が悪くなっていくので、普通に生活しているだけでは脂肪は簡単に落ちません。

だからといって、あまり激しい運動をしたくないという方にはあるダイエット方法があります。それは、『辛いものを食べるダイエット』です。

唐辛子などの辛い食べ物に含まれている栄養素『カプサイシン』を多くとることで、新陳代謝を活性化していきます。ダイエットは何より汗を流すことが大事なので、食事をするだけで身体を整えるのは効率的です。

また、最近テレビ番組でも取り上げられるように、辛いグルメが人気となっています。友達とカフェで楽しみながら「今度はどこの辛いものを食べに行こうかな」と話し合ってみましょう。自分の知らないお店を知るきっかけにもなります。

辛いものを食べて身体を温めることにつながりますが、内臓を中心に下腹・ウエストの脂肪が徐々に燃焼されていきます。しかし、食べ過ぎると体調を崩してしまいますので、量には気をつけておきましょう。

人には辛いものの向き不向きがあります。自分の食べられる範囲で挑戦してみると良いでしょう。